韓国語などの通訳翻訳教育 秀林外語専門学校

日中通訳・翻訳学科の特徴

秀林から世界の舞台へ飛躍していきましょう!
  1. 充実の専門科目と多彩な選択科目でバランスのよい教育内容

    日本語力を更に高めます。通訳・翻訳のスキルを身つけます。文化・ビジネスについても学びます。

  2. 中国語コース入学者(初級・中級)

    初めて学習される方も基礎からしっかり勉強しますので安心です。多段階のレベルに対応した教授法を兼ね備える講師陣はとても頼りになります。授業内容を理解する事に置いて曖昧なところをそのままにすることなく、学生が理解し納得するまで指導します。

  3. 通訳翻訳コース入学者
    (通訳準備C、通訳進学C、 通訳翻訳Ⅰ、通訳翻訳Ⅲ)

    通訳翻訳の基礎から上級まで徹底的に技能を磨き将来の土台を形成します。中国人留学生も日本人学生も合格者(通訳案内士試験:中国語)を輩出している、秀林ならではの分かりやすくポイントを明確にした試験対策で苦手なところをなくします。

  4. 就職活動もしっかりサポート

    就職指導の教員が履歴書の書き方、面接指導を実施。いつでも個別相談が出来ます。また外部の方を特別講師としてお招きし就職セミナーを実施します。就職活動は、業界研究が大切です。(通訳、翻訳、貿易、販売、事務など)わからないことはどんどん先生に質問して自分の進路を決めていきましょう。秀林ではビジネススキルを身に付ける選択科目(貿易、IT、ビジネスなど)も充実しています、確かな語学力+αを身に付けて自分の目標を達成しましょう!

  5. プロの通訳翻訳者であるベテラン講師から新進気鋭の若手講師まで、わかりやすく実践的伝統技法と時代にマッチした最先端技法を兼ね備えた一流講師陣

    午前は全て専門科目(中国語、通訳翻訳の基礎から実務につながる通訳実習まで)午後は選択科目(通訳案内士試験、貿易実務、情報処理、TOEIC、ビジネス検定対策)最新の通訳実習設備とコンピュータ-設備を利用して実務能力を身につけます。

  6. 校外授業

    バーベキュー、温泉旅行、テーマパーク、スポーツ大会、餃子パーティー、スピーチ大会など日頃の勉強で身につけた日本語力を生かし、学友との交流を深め、留学生活の楽しい思い出を作りましょう。

  7. 秀林独自の奨学金制度が充実しています

    秀林は学生のやる気に応える独自の秀林奨学金制度、表彰制度が豊富です。
    奨学金制度 :金煕秀創立者奨学金、推薦入試合格者奨学金、スカラシップ入試合格者奨学金、理事長賞、学校長賞、秀林賞、功労賞、皆勤賞、精勤賞

在校生コメント

許 明媛 さん(中国/北京市出身)

留学生活の不安は解消!イメージ通りのサポート体制!

実際に秀林に入学して、留学生活を始めてみると、そのイメージの通りでした。厳しく授業をしてくださる先生が悩みを聞いてくださったりして、ホームシックになることもありません。安心して通える学校です。

盧 慧明 さん(中国/香港特別行政区出身)

将来は、中・日・英のトライリンガルな国際通訳・翻訳家!!

私は、香港で英中翻訳の仕事をしながら、日本語教師として働いていました。仕事力を高めるため、東京で通訳・翻訳の勉強を始めました。
秀林は、カリキュラムが実用性を重視しており、翻訳・通訳の専門知識だけでなく、日本の歴史・文化・地理、ビジネス検定・通訳案内士試験など、さまざまな分野から学ぶことができます。
将来は、中・日・英トライリンガルの国際人になり、通訳・翻訳の仕事を一生続けたいと思います。

祝 咏霖 さん(中国/湖北省出身)

多彩な授業と豊富なイベント!

私が秀林に来てから、1年が経ちました。この1年で、翻訳・通訳の知識はもちろん、日本の歴史・地理や一般常識など多彩な内容を含んだ授業を受け、将来の仕事と後学のために、きちんとした基礎を築くことができました。
その他にも英語・韓国語をはじめ、パソコン・貿易実務など多岐にわたる選択授業があります。また、温泉旅行やスピーチ大会など、校外活動では大切な思い出ができました。実に有意義な1年でした。

居来提 哈斯木 さん(中国/新疆ウイグル自治区出身)

有意義で充実した学園生活!

秀林での1年間を振り返ると、汗と情熱のスポーツ大会、優勝を競ったスピーチ大会など、さまざまな体験が思い出されます。とても有意義な日々を過ごした1年間でした。この他にも、校外学習で温泉に行って、初めて浴衣体験をしたり、同級生と一緒に温泉に入ったりしたことは、とても楽しい思い出になっています。
受験生の皆さんが、秀林で充実した留学生活を過ごせますよう、お祈りいたします。

通訳・翻訳コース

  • ダイレクトメソッドを採用。高度な語学力を育成すると共に、日中間の歴史・文化への理解を深め、文化・経済交流等に貢献できる通訳・翻訳者の育成を目指します。
  • 通訳案内士試験対策科目を完備。徹底指導します。
  • 語学・文化・文芸・時事ビジネス等の専門科目を学習、最新の情報を収集しながら現場に即した実践力を身につけます。

1年次

通訳・翻訳の基礎技能やより高度な語学力を習得。また、ことばの背景にある社会や文化についてもしっかりと学習します。

2年次

それぞれの希望進路に直結する専門科目を学び、さらに深く通訳・翻訳の技能に磨きをかけます。

  • 観光
  • マスコミ
  • 同時通訳
  • 通訳案内士試験
  • ビジネス

カリキュラム

1年次
専門科目 日中通訳・翻訳概論、日中通訳文法Ⅰ、総合通訳演習Ⅰ、中日通訳Ⅰ、中日翻訳Ⅰ、日中通訳Ⅰ、日中翻訳Ⅰ、貿易通訳、ビジネス通訳・翻訳Ⅰ、逐次通訳、文芸翻訳Ⅰ
選択科目 通訳案内士試験対策、パソコン、日本語能力試験対策、貿易実務、ビジネス検定試験、TOEIC対策、日本地理、一般常識 他
2年次
専門科目 総合通訳演習Ⅱ、模擬会議、日中翻訳文法Ⅱ、中日翻訳・通訳、日中翻訳・通訳、同時通訳演習、日本語表現方法、通訳実践Ⅱ、翻訳実践Ⅱ
●映像翻訳  ●文学翻訳
●ビジネス文書翻訳 等、多彩な専門科目
選択科目 通訳案内士試験対策、情報処理、貿易実務、ビジネス検定他

卒業後の進路

■就職…通訳・翻訳会社、出版社、旅行会社、ホテル、映画会社、航空会社、貿易会社、商社 他
■フリーの通訳・翻訳者として活躍
■進学…日本の大学・大学院など

先生からのメッセージ

日中通訳翻訳学科主任

山崎 陽子 先生

東京外国語大学/外国語学部 中国語学科 卒業

昔の人は「地球が宇宙の中心だ」という天動説を信じていました。でも地動説を知り、宇宙の真の姿を知ることができたのです。母語と異なる言葉や文化を学ぶことは、「自分中心の世界」から自己を解き放ち、新たな世界を見せてくれることでしょう。

主な授業内容

科目 授業内容
日中・中日文芸翻訳 文学評論やエッセイ及び小説などを取り上げて、作品における内容または言葉のニュアンスを再現する翻訳手法を学ぶ
日中時事翻訳 主に日本の新聞記事や社説などを資料として、それを読みながら適切な中国語に翻訳していく
日中翻訳基礎 日常生活、社会・経済・文化など幅広い分野の文章を取り上げ、文法や語彙などに注意しながら、実践的に翻訳の基礎を学ぶ
日中通訳実習 日常生活場面における会話や身近なニュースの通訳練習を行う
日中・中日通訳演習 ニュース記事を題材に、時事用語などを確認しながら、逐次通訳の演習を行う。また、日中同時通訳の演習も行う
中日翻訳演習 翻訳の基礎知識を理解した上で、中国語から日本語への簡単な短文の翻訳をする。あわせて日本語の接続詞、助詞などの強化を図る
日中通訳実習 通訳技能を向上させる近年メソッドを導入し、通訳技能を磨く。日本と中国の最前線で活躍するために習得すべきこと、日本社会で求められる様々な要素が授業に反映されている。
上級日本語 語彙の強化や新聞記事の読解を通して、日本人と時事問題について話し合える日本語力を養う
ビジネス通訳・翻訳 ビジネスの場面で必要とされる言葉を一般的な文章の翻訳演習を通して学ぶ。授業では、日本の会社の仕組みや仕事の取り組み方なども織り込まれている。
通訳案内士試験対策 通訳案内士試験問題を中心に、合格につながる勉強をする。

時間割り*午後は選択授業となります

クラス
19:00-10:30 1年次 通訳実習Ⅰ(中日) 翻訳基礎Ⅰ(日中) 通訳案内士試験対策Ⅰ 時事翻訳Ⅰ
2年次 上級日本語2 翻訳実習Ⅱ(中日) 同時通訳Ⅱ(日中) 文芸翻訳Ⅱ(中日) 通訳演習Ⅱ(日中)
210:40-12:10 1年次 上級日本語1 翻訳演習Ⅰ(中日) 通訳Ⅰ 文芸翻訳Ⅰ(中日) 通訳演習Ⅰ(日中)
2年次 文芸翻訳Ⅲ(日中) 通訳実習Ⅱ(中日) 翻訳基礎Ⅱ(中日) 通訳案内士試験対策Ⅱ 時事翻訳Ⅱ
昼休み
313:00-14:30 1年次 日本語能力試験対策 通訳案内士試験対策Ⅰ 貿易実務Ⅰ 情報処理Ⅰ 日本歴史
2年次 通訳Ⅱ 一般常識
414:40-16:10 1年次 ビジネス検定 通訳案内士試験対策Ⅱ 総合科目 日本地理
2年次 貿易実務Ⅱ 情報処理Ⅱ