9月16日(水)新宿文化センター小ホールで本校と韓国の秀林文化財団が主催の

「共に創る希望! 共に拓く未来! 幸せを分かち合おう」が、

新型コロナウイルスの感染拡大を考慮して開催されました。

当日は2回公演で、15時からと18時からの各約1時間半の講演時間には、

いろいろなジャンルの内容で盛りだくさんの演目でした。

中でも、韓国古典楽器による演奏と歌は、初体験でしたから迫力があって魅惑的でした。

古典楽器と現代楽器のコラボレーションもありましたが、融合していて楽しめました。